Return to site

【川崎からハードテックスタートアップを創出 】Deep Tech Pitch Kawasaki(ピッチイベント)3月20日(水) 開催

Kawasaki ZENTECH Accelerator にて選出され

約4ヶ月間伴走型支援を受けてきた10者のスタートアップが成果を発表

 川崎市は、大学や企業等のコア技術を活用し、事業を立ち上げる個人、もしくは立ち上 げ初期のベンチャー企業を対象として成長の加速を支援するプログラム「Kawasaki ZENTECH Accelerator」(カワサキ ゼンテック アクセラレーター)を実施しています。 今回、プログラムの集大成として、事業会社、金融機関、ベンチャーキャピタル等に対 する、事業概要等のショートプレゼンを行い、資金獲得や事業提携等のマッチングを目指 すイベント(ピッチイベント)を、1月から新しく供用開始した新川崎・創造のもり内の 「産学交流・研究開発施設(AIRBIC)」にて開催します。

Deep Tech Pitch Kawasaki 登壇者

①リバースピッチ 登壇者

・株式会社日本クラウドキャピタル 副部長 落合 文也 氏

「クラウドファンディングFUNDINNOについて」

 ・Full Commit Partners 代表パートナー 山田 優大 氏

「フルコミット投資スタイルのシード特化ファンドについて」

・横浜銀行 創業支援デスク 福島 正一 氏

「起業・創業に係る資金調達支援について」

 ・栖峰投資ワークス株式会社 代表取締役 関 兵馬 氏

「創業期テクノロジー企業を対象とした独立系VCの支援について」

・株式会社みらい創造機構 取締役/共同創業者 金子 大介 氏

「東工大関連ベンチャーへの支援について」

②スタートアップピッチ 登壇者

・ヨダカ技研株式会社 代表取締役 平藤 衛 氏

「病状確定診断のための1細胞計測技術の開発」

 

・アットドウス株式会社 代表取締役 中村 秀剛 氏

「局所に直接投与可能な投薬デバイスの開発」

 

・株式会社CuboRex 代表取締役 寺嶋 瑞仁 氏

「雪路や悪路でも走行可能なモビリティの開発」

 

・株式会社TACK&Co. 代表取締役 鈴木 孝典 氏

「建設現場の資材位置把握のためのIoTデバイスの開発」

 

・WaterHarvesting株式会社(予定) 代表取締役 折原 辰昌 氏

「水問題を解決するデバイスの開発」

 

・AnyTech株式会社 代表取締役 島本 佳紀 氏

「液体を扱う工場の効率化ソリューションAIの開発」

 

・Zip Infrastructure株式会社 代表取締役 須知 高匡 氏

「交通問題解決への自走式ロープウェイの開発」

 

・株式会社レヴィ 代表取締役 南部 陽介 氏

「高度な開発支援の設計システムの開発」

 

・Fast Space株式会社 代表取締役 遠藤 達也 氏

「高効率な風力発電デバイスの開発」

 

・オーロラ株式会社 代表取締役 張 琦 氏

「IoTを活用したモバイルバッテリーシェアリングサービスの開発」

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK